プロフィール
戦略企画ドットコム
戦略企画ドットコム
こんにちは!
戦略企画ドットコム・代表の三宅巧一です。2009年7月に独立起業し、現在は中小企業・一人会社・一人起業の個人事業主向けにネット集客コンサルティングサービスを提供しています。独自集客ノウハウ「セルフSEO・無料集客法」を活用し、無料集客の仕組み作りをお手伝い致します。詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。
⇒ http://strategy-plan.com

それから、本業のブログである
戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
⇒ http://strategy-plan.com/blog
も宜しくお願いします。業績アップの気づきを情報発信しています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
無料レポート「セルフSEO・無料集客法」12か月で無料集客の仕組みを構築する方法

2010年07月27日

【気づきのシェア】箱根旅行で得られた気づき

こんにちは!

戦略企画ドットコムの三宅です。

相変わらず、暑さが厳しいですね。
体調は、大丈夫でしょうか?

この前の週末は、箱根へ行ってきました。
少しは涼しいかな?と思いきや・・・
暑かったです。

今回は、初めてロマンスカーで箱根湯本まで
行きました。

そして、芦ノ湖、駒ケ岳、箱根園水族館、
大涌谷、十国峠へ行ってきました!

その中で、ビジネス的に使えるなあ
と感じたことが2つありますので
今回のブログでは、その内容をあなたに
シェアしたいと思います。

まず一つ目ですが

今回は、事前に計画を立てて行きました
(といっても超直前ですが・・・)ので

箱根スマイルクーポン

を買いました。

これは、

・箱根園水族館(これは1回のみ)
・駒ケ岳ロープウェイ
・芦ノ湖遊覧船
・伊豆箱根バス
・十国峠ケーブルカー

が全部含まれていて、2日間で
大人2,800円、子供1,400円
という大変お得なクーポン券です。

水族館以外は、乗り放題なので、遊園地の
パス券みたいなイメージです。

これは、結構お得感を感じて、迷わず購入
しましたので、自分やクライアントのビジネス
に応用できないか?と思いました。

二つ目は、・・・・・

続きはこちらからご覧下さい。


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 09:28Comments(0)旅行業支援

2010年07月20日

【気づきのシェア】簡単に売上をアップする方法

こんにちは!

戦略企画ドットコムの三宅です。

梅雨が明けて、暑さが厳しくなって
来ましたね。

子供たちは、今日まで学校で
明日から夏休みに入るようです。

早速、夏休み第一弾として
この週末に箱根へ行ってきます!

今回は、娘のクラスメイトのご家族と
一緒に旅行へ出かけるという初の試み
なので、どんな展開になるのか
楽しみです。

さて、まだまだ不況の世の中で
売上アップに苦戦している会社が多い
と思います。

前回のブログでは、売上の方程式に関して
解説しましたが

今回は、その方程式の中の”ある要素”に
フォーカスし、「簡単に売上をアップする方法」
というテーマでお話しますね。

その前に、ちょっと前回の復習です。

◆売上=顧客数×平均単価×購入頻度

でしたね。

覚えていますか?

そして、

◆顧客数=既存顧客+新規顧客

というお話をしました。

今回は、「既存顧客」にフォーカスして、追加で
売上を上げる具体的な方法をあなたに伝授します。

これは、自分でも試して成功していますし
私のクライアントでも実行して頂いて、ほぼ
どのクライアントでも成果を上げている方法です。

新規のお客さんを開拓するのは、本当に大変です。
それなりのお金と時間がかかります。

でも、既存のお客さんに追加で商品やサービスを
販売することは、新規顧客に比べると遥かに楽であり、
即効性もあります。

その理由は、既にある程度の信頼関係ができている
ためです。

これは、非常に単純な話なのですが、
意外と既存顧客のフォローを疎かにしている企業
が多いです。

多くの会社が”新規顧客開拓”に注力し、悪戦苦闘
しています。

でも、現在あなたの商品やサービスをご購入頂いて
いる既存顧客が最も大切な存在ですよね。

既存顧客を維持、もしくはクロスセルやアップセル
する労力と

新規見込み客を開拓し、信頼関係を構築、真の顧客に
なって頂く労力を比較すると

圧倒的に前者の方が楽です。

これは、容易に想像できると思います。

でも、不思議と既存顧客を徹底的にフォローしている
会社は少ないのです。

あなたの場合は、どうですか?

既存のお客様をしっかりフォローし、お客様の満足度
が高い状態をキープできているでしょうか?

どれくらい頻繁にお客様とコミュニケーションを
取っていますか?

お客様の現在の悩みや課題について十分理解し、
それらの悩みや課題を解決するような提案をしている
でしょうか?

そうなんです。
既存のお客様は、非常に大切な存在です。

ですから、今すぐにでも以下の行動を取って下さい。

続きはこちらからご覧下さい。  


Posted by 戦略企画ドットコム at 10:16Comments(0)営業関連

2010年07月13日

【気づきのシェア】売上を構成する3つの要素

こんにちは!

戦略企画ドットコムの三宅です。

もう、7月も中旬ですね。
子供たちは、もうすぐ夏休みですね。

そのため、夏休みの旅行を計画中です。
まず第一弾は、箱根に行くことになりました。

でも、急ぎの仕事が入ってしまったので
それまでに仕上げられるかちょっと微妙です(苦笑)。

最悪、パソコン持って、箱根で仕事?
かも知れませんが、それは避けたいですね(笑)。

最近、いろんなことが重なっていて
ちょっとてんぱり気味です。

でも、何とか乗り切りたいと思います!

さて、今回のテーマは、

「売上を構成する3つの要素」

というお話をしたいと思います。

この不況の影響で、売上ダウンに苦しんでいる
会社さんが結構多いと思います。

私のクライアントも例外ではなく、いろんな
施策を打っています。

ただ、闇雲に施策展開してもうまく行きません
ので、まずは、売上の方程式に関して
理解を深めて頂くことが大切だと思い
今回は、このテーマにしました。

では、本題に入りましょう。

既に知っているかも知れませんが
売上の方程式は、以下の通りです。

◆売上=顧客数×平均単価×購入頻度

この3つの要素で、売上は構成されています。

すべて掛け算なので、どれかが0だと
売上も0ですね。当り前ですが・・・。

でも、それぞれの要素をそれぞれ10%アップ
するとどうでしょうか?

答えは、33%の売上アップになります。

これは単純な話ですが、結構奥が深いです。

では、それぞれの要素に関して、更に分解
してみましょう。

◆顧客数=既存顧客+新規顧客

ここで注目すべき点は、既存顧客と新規顧客では
営業活動の内容が違うということです。

既存顧客に関しては、顧客満足度の追求が
必要です。

つまり、この数字を伸ばすためには
顧客満足度を向上し、既存顧客を維持
(別の観点では、顧客減少率を改善)、
新規顧客を固定客にする必要があります。

また、顧客満足度のアップにより、

・クロスセル(異なる商品・サービスを提供)、
・アップセル(現状の商品・サービスよりも
 更に上位のものを提供)

による平均単価のアップやりピートオーダー
受注による購入頻度のアップが狙えます。

一方、新規顧客に関しては、・・・・

続きはこちらをご覧下さい。

PR:「マークシート.com」マークシートを活用した
アンケート調査、アンケート集計、社内試験、検定試験
模擬試験などの試験採点処理を迅速、正確、低価格で
対応致します。

大手企業、官公庁、社団法人・財団法人などの公益法人、
大学などの教育機関との取引実績が豊富です。

マークシートを活用する機会がある方は、是非ご覧下さい。
http://www.mark-sheet.com/


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:51Comments(0)戦略立案

2010年07月09日

【気づきのシェア】新規事業の立上ステップ

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
131回目の記事になります!

今回から「新規事業」に関する具体的な立上
ステップの話をしたいと思います。

まずは、全体像を把握すると良いと思います
ので、フェーズに分けて何をするのかを
箇条書きにしていきますね。

■フェーズ1:

(1)新規ビジネスのネタ探し
(2)ネタに関する情報収集
(3)仮説立案
(4)マーケット調査(仮説検証)

■フェーズ2:

(5)3C分析
(6)戦略の方向性決定
(7)ターゲットの明確化
(8)ポジショニング
(9)ビジネスモデル構築

■フェーズ3:

(10)USPの検討
(11)フロントエンド・バックエンド
(12)オファーの設計
(13)プロモーション計画
(14)ジョイントベンチャーの検討

■フェーズ4:

(15)理念、ビジョンのまとめ
(16)3か年事業計画作成
(17)組織と役割分担
(18)資本政策・資金調達の検討
(19)リスク分析と対策検討

■フェーズ5:

(20)アクションプラン作成
(21)数値目標設定(売上・利益・プロセス数)
(22)WEBサイト企画・制作
(23)販促資料の作成
(24)プロモーション実行
(25)成果計測・改善・次のアクション

これは、一例です。

必ずしも、この内容になるとは言えませんが
概ね、このようなステップで、新規事業を企画、
事業化に向けて準備を進めていきます。

実に長い道のりですね。

結構、大変だと思います。

どのフェーズも非常に重要なのですが・・・・

続きは、こちらからご覧下さい。


PR:鳥獣被害対策.com 鳥獣被害でお困りなら鳥獣対策商品が豊富な鳥獣被害対策.com  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:21Comments(0)新規事業

2010年07月06日

【気づきのシェア】何のための新規事業?

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
記念すべき130回目の記事になります!

今回も「新規事業」に関する記事を書きたいと
思います。

テーマは、「何のための新規事業?」
つまり、新規事業の目的を明確にしましょう
という内容です。

いろんな事情で、新規事業を考え、立ち上げようと
すると思います。

でも、意外とその目的があいまいだったり
します。

何事もそうですが、目的を明確にする必要が
あると思います。

新規事業は、ただでさえ成功する確率が低い
ので、目的を明確にすることは非常に重要で
あり、失敗確率を下げる重要な要因でもあると
思います。

私が初めて新規事業を企画し、立ち上げた時の
目的は、ストック型、つまり継続課金型のビジネス
を立ち上げる必要があるという明確な目的が
ありました。

その背景にあったのは、既存事業が一つしかなく、
しかもフロー型(単発型)のビジネスモデルであり
非常に不安定な経営状態だったからです。

フロー型のビジネスの場合は、例えば、今年売上が
2億円達成したとしても、翌期は、またゼロスタート
となり、同じ売上規模にできるかどうかは、全く不明
な状態でスタートしなければいけません。

フルマラソンを一生懸命走り切って折角ゴール
したのに、また、フルマラソンをスタートしなければ
ならない、そんな辛い状況です。

私は、フルマラソンを走ったことはありませんが
そんなことは、私には無理です(笑)。

常に走り続けないといけないので、非常に辛い
状況が続き、社員も疲弊してしまいます。

実際、当時在籍していた会社の社員は、完全に
疲弊状態でした。体調を崩していた人が多かった
と思います。

また、フロー型のビジネスモデルの場合は、
リーマンショックのような世界経済を
揺るがす事件が発生すると、一気に業績が悪化
してしまいます。

現在、フロー型のビジネスモデルしかない会社
は業績悪化で苦しんでいると思います。

例えば、私の周辺で考えると、・・・・

続きはこちらからご覧下さい。
  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:42Comments(0)新規事業