プロフィール
戦略企画ドットコム
戦略企画ドットコム
こんにちは!
戦略企画ドットコム・代表の三宅巧一です。2009年7月に独立起業し、現在は中小企業・一人会社・一人起業の個人事業主向けにネット集客コンサルティングサービスを提供しています。独自集客ノウハウ「セルフSEO・無料集客法」を活用し、無料集客の仕組み作りをお手伝い致します。詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。
⇒ http://strategy-plan.com

それから、本業のブログである
戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
⇒ http://strategy-plan.com/blog
も宜しくお願いします。業績アップの気づきを情報発信しています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
無料レポート「セルフSEO・無料集客法」12か月で無料集客の仕組みを構築する方法

2010年06月29日

【気づきのシェア】リスクの少ない新規事業

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
128回目の記事になります!

今回も「新規事業」に関する記事を書きたい
と思います。

今日のテーマは、

「リスクの少ない新規事業」

に関して、一緒に考えましょう。

既にこのブログで、新規事業の成功確率は
10%程度というお話をしました。

それだけ、新規事業を成功させるのは大変
ということはご理解頂けたと思います。

とくにグローバル化が進んだことによって
変化のスピードが非常に早くなっています。

また、未だに不況が続いていますので
なかなか、大きな投資は大企業で潤沢に資金が
ないとできないと思います。

現在、数社のクライアントで、新規事業の
プロジェクトが進んでいますが、その条件
としては、以下を推奨しています。

1.ストック型(継続課金型)のビジネスモデル

これが単発のフロービジネスだと、かなり厳しい
事業展開になると思います。

一社当たりの課金金額は大きくなくても良いので
継続的に毎月お金が入ってくるビジネスモデルが
理想的だと思います。

2.粗利益が高いビジネスモデル

私のクライアントは、IT系の中小・ベンチャーが
多いので、粗利益の高いビジネスモデルにしやすい
業界です。

ソフトウェア関係は、一度開発してしまえば
コストがあまりかかりませんので、高い粗利益で
ビジネスを展開することが可能です。

粗利益が低いと規模を大きくする必要があります
ので、その規模拡大行為がリスクになると思います。

3.在庫を持たないビジネスモデル

私は、前前職が電機メーカーだったのですが
アメリカ駐在中は、在庫販売のビジネスモデルでした
ので、2001年のITバブル崩壊&同時多発テロの時は
本当に大変な経験をしました。

製品が売れなくなったので、・・・・

続きはこちらからご覧下さい。

  


Posted by 戦略企画ドットコム at 09:49Comments(0)新規事業

2010年06月25日

【気づきのシェア】新規事業はヒアリング調査が重要

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
127回目の記事になります!

前回から「新規事業」に関する連載記事
を書きはじめました。

今回は、

「ヒアリング調査の重要性」

に関して、事例を交えて説明したいと思います。

私が最初に経験した新規事業は、専門特化型の
人材ビジネスです。

当時在籍していた会社は、メイン事業が人材紹介
でしたので、ストック型モデル(毎月継続課金
できるビジネス)ではなく、フロー型モデル
(単発型のビジネス)でした。

そのため、景気が良い時は問題ないのですが
リーマンショックのような事件が起こると
急激に業績が悪化します。

事実、現在業績悪化に苦しんでいる人材紹介会社
は多いと思います。

それを見越して、ストック型のビジネスモデルを
構築するという大きな経営課題がありました。

人材ビジネスの場合は、人材と企業をマッチング
させるビジネスなので、安定的に優秀な人材を調達
できる仕組み構築と人材を必要としている企業を
開拓していくことがポイントになります。

当時のリサーチ結果では、今後ITエンジニアが不足
するという状況でしたので、外国人エンジニアを紹介
予定派遣するというビジネスモデルを考えました。

(ちなみに現在は、ITエンジニアは余剰感がある
マーケット状況だと思います。)

そのため、中国の人材紹介会社と提携し、
日本語が堪能で、優秀な中国人エンジニアを中国現地
で集客し、日本のIT企業へ紹介予定派遣するという
ビジネスを始めました。

その当時は、まだまだ未熟者で気づかなかった
のですが、振り返ってみて、私が失敗したなと思った
ことは、・・・・・

続きはこちらからご覧下さい。


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:14Comments(0)新規事業

2010年06月22日

【気づきのシェア】新規事業は失敗する

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
126回目の記事になります!

今回から連載で「新規事業」に関する記事
を書いていきたいと思います。

きっとあなたにとっても興味深い内容になると
思います。

新規事業に関するノウハウは、今まで一度も公開
していません。

これから、このブログを通じてノウハウを公開
していきますね。

楽しみにしていて下さい。

ということで、今回は、

「新規事業は失敗する」

というちょっと過激なテーマ名で記事を
書きたいと思います。

あなたは、新規事業をゼロから企画し、
その事業の立上責任者を経験したことは
ありますか?

経験がある方だと分かると思いますが

かなり大変です。

そもそも、新規事業が成功する確率は
1勝9敗だと言われています。

10個の新規事業で、成功するのは、わずか1個です。

ほとんどの新規事業が失敗に終わっている
という現実があります。

私が一番最初に新規事業に携わったのは、
前職在籍時代で、ちょうど転職した1年目でした。

会社としても未知の領域であり、私としても
新規事業をゼロから企画して、その責任者として
立ち上げるのは、初めての経験でした。

しかも、前々職は製造業界にいて、全く畑違いの
人材ビジネス業界へ転職しましたので、右も左も
分からない状況の中で取り組んだことになります。

今思うと、かなり無謀ですよね(笑)。

結果的にそのビジネスは、2年で売上約1億円の
規模になりましたが、・・・・

続きはこちらからご覧下さい。


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 12:13Comments(0)新規事業

2010年06月18日

【気づきのシェア】ターゲットを絞るのが怖い

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
125回目の記事になります!

コンサルティングをしていて、いつもつまずくこと
があります。

それは、クライアントの方が

「ターゲットを絞るのが怖くて、なかなか絞れない」

ということです。

これは、マインドセットに関する課題で、
必ずといっていいほど、この壁にぶつかります。

今回は、この

「ターゲットを絞ることが怖い」

というマインドセットから

「ターゲットを絞らないと業績は上がらない」

というマインドセットに変わるような話を
したいと思います。

ほとんどの会社がターゲットをフォーカス
できていないのが現状です。

私のクライアントも、ターゲットをフォーカス
することに躊躇します。

それは何故か? 

クライアント曰く、

「市場のパイが小さくなるから」

です。

確かにそうですね。
市場のパイは小さくなります。

では、あなたに質問です。

あなたは、コンサルタントを探している
としましょう。

そして、あなたは東京都内に事務所がある
IT系の小さな会社を経営していて、

売上がなかなか上がらないという課題を
抱えているとします。

どちらのコンサルティング会社を選びますか?

1.一般的な経営コンサルティング会社、
  どんなことにも幅広く対応できます。

2.ITベンチャーに特化した戦略コンサルティング
  会社で、マーケティングと営業に強い会社

絞ることによって確かに市場のパイは小さく
なりますが、反応率は上がり、受注しやすく
なると思います。

また、ニッチ市場でNo.1になることも非常に重要です。

あなたは、日本で一番高い山はご存じですよね。
では、二番目に高い山はご存じですか?

これ、なかなか出てこないと思います。

ある特定市場において一番になることで、
名前を覚えてもらうことができます。

そうなると、全く知らない会社よりは、
名前が知れ渡っている会社へお願い
する確率が高くなりますよね。

また、ターゲットを絞ることによって、
広告宣伝費の費用対効果も改善が図れます。

例えば、魚釣りを思い浮かべて下さい。

あなたなら、・・・・

続きはこちらからご覧下さい。
  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:14Comments(0)マインドセット

2010年06月15日

見込み客を集めるためのWEBサイト構築

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
124回目の記事になります!

今回は、「士業支援.com」で公開している
レポート内容の一部を引用する形式で

「見込み客を集めるためのWEBサイト構築」

について解説します。

この場合のWEBサイトの目的は、
見込み客から反応をもらい、
個人情報を得ることです。

これが非常に重要です。見込み客の情報を得るには
どうすれば良いかという視点でWEBサイトを設計します。

見込み客情報を入手する方法は、以下が考えられます。

1.無料相談、無料コンサルティング
2.サービスに関するお問合せ
3.見積り依頼
4.無料レポートのダウンロード
5.無料メールセミナー
6.無料ビデオセミナー

など、いろいろと考えられますね。

では、次にそれぞれから反応をもらうためには、
どうすれば良いか?

という視点でサイトのコンテンツを考えていきます。

ここでは、紙面の関係でこれ以上の詳細説明は
難しいのですが、ポイントは、最終的な目的
(見込み客の個人情報を得ること)から逆算で
考えるというアプローチが有効です。

この次のステップとしては、見込み客に対して、
十分なフォローアップを行うことが大切です。

例えば、・・・・・

続きはこちらからご覧下さい。


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 10:06Comments(0)WEBマーケティング

2010年06月11日

ブログを活用したブランディング(続編)

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
123回目の記事になります!

今回は、前回の記事の続編になります。

テーマは、

「ブログを活用したブランディング」

になります。

では、前回の続きから、記事を書きたいと思います。
無料ブログで私のお薦めは、WordPressになります。

ちなみに、私のブログもWordPressですが、
SEOに有効とされる特殊プラグインを使用して
いるため、有料となっています。

金銭的な余裕がある方は、私と同じ有料ブログが
お薦めですが、まずは無料のWordPressでも
良いと思います。

このWordPressを設置するためには、独自ドメイン
取得とサーバーが必要になります。

ここでは、詳細説明は省略させて頂きますので、
詳細についてお知りになりたい方は、
別途私へご連絡下さい。

ここでお伝えしたいことは、ブログのブランド名と
テーマ設定をよく検討するということです。

その際、WEBサイトのブランド名との整合性を
よく考えておく必要があります。

そのためには、いきなりブログを始めるのではなく、
”戦略”をよく考える必要があります。

私のビジネスの場合(戦略企画ドットコム)は、

●WEBサイトのブランド名=「戦略企画.com

●ブログのブランド名=戦略コンサルタントブログ
 「気づきのシェア

にしました。

WEBサイトの企画とブログサイトの企画を同時に考える
必要性があるのは、このためです。

WEBサイト制作は、サービスのコンセプトが十分固まり、
ターゲット見込み客が検索時に使用するキーワードが
明確になってからで良いのですが、・・・・

続きは、こちらからご覧下さい。

  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:51Comments(0)WEBマーケティング

2010年06月08日

戦略的業績アップ方法~ブログを活用したブランディング~

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
122回目の記事になります!

今回は、「士業支援.com」で公開している
無料レポートの一部を引用する形で、

「ブログを活用したブランディング」

に関する記事を書きたいと思います。

あなたの強みやサービス内容をまだこちらからは
見えていない見込み客に対して情報発信する手段
として、ブログを書くという方法があります。

今、あなたが読んでいる”気づきのシェア
もブログですね。

ブログ運営の目的は、あなたのブランドを確立すること、
そしてアクセスを集めることになります。

コンサルタントや士業、コーチなどは、専門性の
高い職業なので、新規のクライアントを獲得する際に、
そのブランド力が非常に重要となります。

また、ブログはいろんなキーワードでアクセスを
集めやすい媒体なので、WEBサイトと連動させると
非常に有効です。

ブログでアクセスを集めて、WEBサイトでサービスを
紹介し、見込み客から反応を得るという流れが
理想形です。

ブログサイトとWEBサイトは、密接に連携する
メディアになりますので、企画に関しては
一緒に考える必要があります。

私の場合は、結構な金額を投資して同時に
立ち上げました。その甲斐あって、今では安定的に
毎日約400前後のアクセスが集められるサイトに
成長しています。

ただ、それほどお金をかけなくても、それなりの
成果が得られる方法もありますので、ここでは、
その方法を簡単に説明します。

順番としては、・・・

続きは、こちらからご覧下さい。


  


Posted by 戦略企画ドットコム at 14:03Comments(0)WEBマーケティング

2010年06月04日

1か月以内に顧客との信頼関係を構築する方法

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
121回目の記事になります!

本日のテーマは、

「1か月以内に顧客との信頼関係を構築する方法」

についてお話したいと思います。

ある日、自宅兼事務所に電話がありました。

「あの・・・、戦略企画の会社ですか??」

幼児教室を経営している所長さんからの電話だった
のですが、このご時世でなかなか生徒が集まらない
ので困っているとのことでした。

戦略企画.comは、ITベンチャー向けの戦略
コンサルティングという打ち出しでサイト運営
しているのですが、幼児向けの塾から電話があるとは
想定外でした(笑)。

それにしても、いろんなところで”集客に困っている”
という悩みを聞きますね。

あなたのビジネスは、集客がうまくいってますか?

話を戻すと、早速、お話を伺うために塾を訪問し、
いろいろとヒアリングしたのですが、以前に比べて
かなり生徒が減ってしまい、WEBサイトからの問合せも
ほとんどないという結構深刻な状況でした。

でも、この塾のすごいところは、開校20年以上で
ありながら、小学校受験の合格率がなんと100%
なんです!!!

最後まで受講した幼児は、必ずどこかの私立もしくは
国立小学校に合格しているそうです。

これ、すごいノウハウですよね。

私は、これを聞いて、梃入れすれば必ずうまくいく
と思いました。

USPも簡単です。”小学校受験合格率100%”がUSPに
なりますね。

そこで、早速コンサルティング契約を締結し
コンサルティングを開始しました。

今回のケースは、とにかくベースとなる売上を早く
作る必要があるので、まずは即効性のある施策を打ちました。

そして、それと同時に本格的な戦略構築の準備を進めて
いくことにしたのです。

その即効性のある施策で、5月に2名の新規生徒獲得
に成功しました。

その施策は何かと言うと・・・・


続きは、こちらからご覧下さい。

  


Posted by 戦略企画ドットコム at 17:14Comments(0)WEBマーケティング

2010年06月01日

WEBサイト制作費の見積りを客観的に比較する方法

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
記念すべき120回目の記事になります!

次は、130回目を目指して頑張りますので
引き続き応援宜しくお願いします。

今回も「旅行業支援.com」で無料公開している
レポートの一部を引用しながら、
戦略的なWEBサイト構築方法について説明します。

本日のテーマは、

”見積り比較表を作成し、客観的に比較検討する”

です。

前々回のブログ記事で、WEBサイトを構築する
までの流れをまとめています。

その中の5.以降の項目に関して、それぞれの
会社の評価点を付けていきます。

ただ、専門的な内容なので、それを評価すること
自体が結構難しいかも知れません。

一番分かりやすいのは、過去の実績です。

デザインについては、過去制作したサイトの
デザインを見れば、評価できると思います
(但し、評価者の主観がどうしても入ってしまいます)。

また、SEOの内部施策に関しては、ソースコードを
見る必要がありますが、これも専門家しか分かりません。

素人でも分かりやすい方法は、そのサイトにおいて
重要視しているキーワードを教えてもらい、
実際にGoogleやYahoo!で検索して、上位に表示
されるかどうかをチェックします。

もちろん、本格的なSEO対策は、外部対策も
重要なポイントとなりますが、とりあえず狙った
キーワードで上位表示されるサイトであれば、
その点は評価できると思います。

ヒアリングによっても疑問点が払拭できない場合は、
その項目の評価を下げれば良いと思います。

これら以外の評価ポイントとしては、

続きは、こちらからご覧下さい。
  


Posted by 戦略企画ドットコム at 09:07Comments(0)WEBマーケティング