プロフィール
戦略企画ドットコム
戦略企画ドットコム
こんにちは!
戦略企画ドットコム・代表の三宅巧一です。2009年7月に独立起業し、現在は中小企業・一人会社・一人起業の個人事業主向けにネット集客コンサルティングサービスを提供しています。独自集客ノウハウ「セルフSEO・無料集客法」を活用し、無料集客の仕組み作りをお手伝い致します。詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。
⇒ http://strategy-plan.com

それから、本業のブログである
戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
⇒ http://strategy-plan.com/blog
も宜しくお願いします。業績アップの気づきを情報発信しています。

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
無料レポート「セルフSEO・無料集客法」12か月で無料集客の仕組みを構築する方法

2010年12月05日

専門家の力を借りて”投資する時間”を捻出する方法

こんにちは!

戦略企画ドットコムの三宅です。

今回も”投資する時間”と”浪費する時間”に
関連した記事を書きたいと思います。

私は、2009年7月に独立し、個人事業主として
開業しました。コンサルタントとして独立しました
ので、当然、自分自身のビジネスプランは
出来上がっており、実行もスムーズでしたが

節税対策や確定申告などの専門的な内容になって
くると、当時はほとんど知識がなかったので
ネットで調べたり、書籍を買って読んだりして
いました。

最初は、確定申告も自分でやろうと思って
いましたが、本業が忙しくなってきたことと
専門ではないことをゼロから学ぶよりは、専門家の
力を借りる方が得策と考え、

節税対策や確定申告は、税理士さんへお願いする
ことにしました。

そうすることによって、

1.”浪費する時間”を削減できる
2.その時間を”投資する時間”に充てることができる
3.節税に関するアドバイスが受けられ、節税できる
4.確定申告、税金、節税などの知識を効率的に吸収できる

というベネフィットが得られます。

もちろん、お金はかかりますが
実際に節税できる金額で、税理士さんへの費用は賄えて
しまいますので、無理して自分でやるよりもかなり
メリットがあると思います。

また、このお金を更に”投資”という観点で考えた
場合は、税理士さん選びが重要なポイントになります。

ただ単に、会計や税務の処理をお願いする相手として
捉えるのではなく、ジョイントベンチャーのパートナー
として考えると、自分にとっては”投資”になります。

例えば、、、

続きは、こちらからご覧下さい。

PR:法人税 節税対策なら「戦略的法人税節税対策マニュアル」がお薦めです。
こちらから、どなたでも無料でダウンロード可能です。
http://strategy-plan.com/houjin/

実質一人会社の節税対策は、こちらの無料レポートがお薦めです。

PR:エネルギー投資を促進する「再生可能エネルギー投資協会」
  


Posted by 戦略企画ドットコム at 14:00Comments(0)マインドセット

2010年06月18日

【気づきのシェア】ターゲットを絞るのが怖い

こんにちは!

戦略企画ドットコム
戦略コンサルタントの三宅巧一です。

戦略コンサルタントブログ ”気づきのシェア”
125回目の記事になります!

コンサルティングをしていて、いつもつまずくこと
があります。

それは、クライアントの方が

「ターゲットを絞るのが怖くて、なかなか絞れない」

ということです。

これは、マインドセットに関する課題で、
必ずといっていいほど、この壁にぶつかります。

今回は、この

「ターゲットを絞ることが怖い」

というマインドセットから

「ターゲットを絞らないと業績は上がらない」

というマインドセットに変わるような話を
したいと思います。

ほとんどの会社がターゲットをフォーカス
できていないのが現状です。

私のクライアントも、ターゲットをフォーカス
することに躊躇します。

それは何故か? 

クライアント曰く、

「市場のパイが小さくなるから」

です。

確かにそうですね。
市場のパイは小さくなります。

では、あなたに質問です。

あなたは、コンサルタントを探している
としましょう。

そして、あなたは東京都内に事務所がある
IT系の小さな会社を経営していて、

売上がなかなか上がらないという課題を
抱えているとします。

どちらのコンサルティング会社を選びますか?

1.一般的な経営コンサルティング会社、
  どんなことにも幅広く対応できます。

2.ITベンチャーに特化した戦略コンサルティング
  会社で、マーケティングと営業に強い会社

絞ることによって確かに市場のパイは小さく
なりますが、反応率は上がり、受注しやすく
なると思います。

また、ニッチ市場でNo.1になることも非常に重要です。

あなたは、日本で一番高い山はご存じですよね。
では、二番目に高い山はご存じですか?

これ、なかなか出てこないと思います。

ある特定市場において一番になることで、
名前を覚えてもらうことができます。

そうなると、全く知らない会社よりは、
名前が知れ渡っている会社へお願い
する確率が高くなりますよね。

また、ターゲットを絞ることによって、
広告宣伝費の費用対効果も改善が図れます。

例えば、魚釣りを思い浮かべて下さい。

あなたなら、・・・・

続きはこちらからご覧下さい。
  


Posted by 戦略企画ドットコム at 08:14Comments(0)マインドセット